ホステッドバイヤープログラムについて

会議誘致を予定している皆様へ

~ホステッド・バイヤー・プログラムのご案内~

 国内最大級のMICE 商談会「第28 回国際MICE エキスポ(IME2019)」を2019年2月28日(木)、東京・有楽町の東京国際フォーラムにて開催いたします。

 IME は、日本におけるMICE*の誘致・開催を支援するため、国内外のMICE 主催者の方々に、会議施設や観光資源等のさまざまな情報とともに、コンベンション推進自治体、コンベンションビューロー及びMICE事業者等(MICEセラー)との有意義な商談・情報交換を行う場を提供いたします。

特に、具体的な会議(イベント)等MICE案件をお持ちの主催者、または、会議(イベント)等MICEを今後開催する可能性のある主催者の皆様へは、MICEバイヤーとして商談会場までの交通費相当をJCCB が負担いたします。

 これから会議の誘致・開催を予定されており、開催都市や会場をご検討中の主催者の皆様は、ぜひIME2019 会場までお越しください。

 また、開催候補地として商談を希望されるMICEセラーがございましたら、事前にお知らせください。より具体的なご提案ができるよう会議の情報をMICEセラーにお伝えし、商談前に会議施設や開催助成金等の情報を準備し、商談の機会を全面的にサポートさせていただきます。本プログラムに参加を希望される方は、「IME2019 ホステッド・バイヤー・プログラム参加申込書」にてJCCB事務局までお申込みください。

*MICE とは、企業等の会議(Meeting)、企業等が行う報奨・研修旅行(Incentive Travel)、国際機関・団体・学会が行う国際会議(Convention)、展示会・見本市・イベント(Exhibition/Event)の頭文字を使った造語で、これらのビジネスイベントの総称です。

(ホステッド・バイヤー・プログラムのお申込みについては、JCCB事務局で内容を審査し、結果をご連絡させていただきます。
また、所定の人数に達したところで、お申し込みは締め切らせていただきます)

申込書はこちら

交通費について

■首都圏以外から参加のホステッドバイヤー

交通費(実費)の支給

◎鉄道利用の場合
出発地の最寄駅から東京国際フォーラムの最寄駅までの最も経済的な経路の普通運賃を支給します。
新幹線、特急利用の場合は普通車指定席特急料金も支給します。(グリーン料金は支給しません。)
  • ※最寄駅:JR・地下鉄の「有楽町駅」または、地下鉄の「日比谷駅」、その他JCCB 事務局が特に認めた駅を最寄駅とします。
◎航空機利用の場合
原則として出発地の最寄空港から羽田空港までの普通席(JAL 特便割引またはANA 特割運賃以下の割引運賃に限定)の往復航空運賃を支給します。
また、当該航空運賃より安い1 泊2 日の宿泊パックを利用する場合に限り、宿泊パックの全額を支給します。但し、共に領収証原本の添付を条件とします。
上記とは別に、羽田空港から東京国際フォーラムの最寄駅までの往復鉄道運賃を支給します。
出発地の最寄駅から最寄空港までの交通費は、ご自身でご負担ください。
◎高速バス利用の場合
別途、JCCB事務局までお問合せください。

出発地の定義

当日の出発点である自宅もしくは勤務地の最寄駅、または最寄の空港とします。自宅と勤務地で都道府県が異なる場合は、東京国際フォーラムに近い方を出発地とします。

■首都圏から参加のホステッドバイヤー

交通費見合として一律で助成(詳細はお申込み・お問合せ時ご案内)

出発地が 東京、千葉、神奈川、埼玉、茨木県南部(古河市、八千代町、下妻市、つくば市、土浦市、かすみがうら市、行方市、鹿島市以南)※以降、上記地域を首都圏と呼びます。
(首都圏に含まれない茨城県については、ご希望により柔軟に対応させていただきます。)

■ホステッドバイヤーの方には、MICEセラーと1回15分程度の商談を、最低3セッションお願いいたします。
IME2018の会場内の受付にて、商談票をお受け取りください。商談を行ったブースにて、商談票にサインをお受け取りください。商談終了後、受付にて商談票をご提示いただき、交通費等をご精算ください。
あらかじめ特定のMICEセラーとの商談を希望される場合は、ホステッド・バイヤー・プログラム参加申込書に商談を希望するMICEセラーをご記入ください。事前に、MICEセラー側に商談希望をお知らせします。

■MICEセラー 一覧 ※50音順 2018年11月22日現在

  • 愛知国際会議展示場
  • 愛知・名古屋MICE 推進協議会
  • 青森県
  • 泉佐野コンベンションビューロー
  • 伊勢志摩観光コンベンション機構
  • 茨城県MICE 誘致推進協議会/つくば観光コンベンション協会
  • 宇部観光コンベンション協会
  • 大分市観光協会
  • 大阪観光局
  • 大阪国際会議場
  • 大田区
  • おかやま観光コンベンション協会/岡山コンベンションセンター
  • 岡山県観光連盟
  • 沖縄観光コンベンションビューロー
  • 沖縄コンベンションセンター
  • 鹿児島観光コンベンション協会
  • 金沢コンベンションビューロー
  • 軽井沢リゾート会議都市推進協議会
  • 北九州観光コンベンション協会
  • 岐阜観光コンベンション協会
  • 岐阜県
  • 京都市勧業館みやこめっせ
  • 京都文化交流コンベンションビューロー
  • 熊本市
  • 倉敷観光コンベンションビューロー
  • 久留米観光コンベンション国際交流協会
  • 群馬県/前橋観光コンベンション協会
  • けいはんなコンベンション誘致推進協議会
  • 高知県観光コンベンション協会
  • 神戸観光局
  • 郡山コンベンションビューロー
  • さいたま観光国際協会
  • 下関観光コンベンション協会
  • 周南観光コンベンション協会
  • 上越観光コンベンション協会
  • 住友不動産
  • するが企画観光局
  • 仙台観光国際協会
  • 仙台国際センター/仙台観光国際協会
  • 高松観光コンベンション・ビューロー
  • ちば国際コンベンションビューロー
  • ツーリズムおおいた/別府市コンベンション振興協議会
  • ティーアールピージャパン
  • 東京観光財団
  • 徳島県観光協会
  • とっとりコンベンションビューロー
  • 富山県
  • 富山コンベンションビューロー
  • 長岡観光コンベンション協会
  • 長崎国際観光コンベンション協会
  • ながの観光コンベンションビューロー
  • 名古屋観光コンベンションビューロー
  • 名古屋国際会議場/名古屋市国際展示場(ポートメッセなごや)
  • 名古屋産業振興公社
  • NARA MICE
  • 新潟観光コンベンション協会/朱鷺メッセ 新潟コンベンションセンター
  • 西尾レントオール
  • 日本政府観光局(JNTO)
  • 浜松・浜名湖ツーリズムビューロー
  • 万国津梁館
  • 飛騨・高山観光コンベンション協会
  • 姫路観光コンベンションビューロー
  • ひらまつ
  • 広島観光コンベンションビューロー
  • 福井観光コンベンションビューロー
  • 福岡観光コンベンションビューロー
  • 福岡コンベンションセンター
  • 福島市
  • 福山観光コンベンション協会
  • プリンスホテル
  • 北海道観光振興機構(富良野、倶知安・ニセコ、苫小牧)
  • 北海道MICE 誘致推進協議会(札幌、旭川、函館、釧路、北見、帯広、登別)
  • 北海道MICE 誘致推進協議会(札幌)
  • 北海道MICE 誘致推進協議会(函館/登別)
  • 北海道MICE 誘致推進協議会(旭川/北見)
  • 北海道MICE 誘致推進協議会(釧路/帯広)
  • ホテル椿山荘東京
  • 松江コンベンションビューロー/くにびきメッセ
  • 松本観光コンベンション協会
  • 松山観光コンベンション協会
  • みやざき観光コンベンション協会
  • 盛岡観光コンベンション協会
  • 山形県/米沢観光コンベンション協会
  • 山形コンベンションビューロー
  • 山口県MICE 誘致推進協議会
  • 山口観光コンベンション協会
  • 横浜観光コンベンション・ビューロー/横浜国際平和会議場(パシフィコ横浜)

(ホステッド・バイヤー・プログラムのお申込みについては、JCCB事務局で内容を審査し、結果をご連絡させていただきます。また、所定の人数に達したところで、お申し込みは締め切らせていただきます)

申込書はこちら

お問い合わせ先

(一社)日本コングレス・コンベンション・ビューロー(JCCB)事務局
担当:大崎、鈴木、北嶌(きたじま) 、時田
〒160-0004 東京都新宿区4-1 細井ビル4階
日本政府観光局(JNTO)MICE プロモーション部内
TEL: 03-5362-3733
FAX: 03-3354-7101
Email: jccb@jccb.or.jp

  • ホステッドバイヤープログラムについて

助成金・補助金制度、事前視察、
提案書作成、アトラクション提供など
出展者の支援メニューが一覧できます。